ビジネス英会話は実践が一番

わたしは入社して以来、国内の法人営業担当だったので10年間全くといっていいほど英語を利用したことがありませんでした。もちろん、会社として義務で受験したTOEICはありましたが。

しかし、突然、会社の異動で広報部門にうつることになりました。こちらではもちろん、直接の海外のスタッフとのコミュニケーションはもちろん、ほぼ毎日テレビ会議などで英語が飛び交っているのが現実です。かなり最初はあせりました。しかし、聞いてみるとまわりにも私のようにビジネス英会話に全く免疫がなかったというスタッフもたくさんいたわけです。とにかく英語は慣れ、実践が大事といわれました。言われてみると3か月程度業務をこなすうちにいつの間にかそこそこ理解できるようになっていました。しかし、これが30代前半だから何とかなったものの50歳になってからこれはなかなか慣れるのが大変だろうなと感じます。若いころから実践で慣れることが一番、ビジネス英会話活用の近道でしょう。