あまりにも空港で英会話が通じなくてびっくりしました

アメリカ在住時代の友人たち数人で日本へ遊びに来てくれたので、成田空港まで迎えに行き、電車のレールパスを買うことになり、切符売り場に一緒について行きました。

 

彼女たちは、自分たちでできることは、すべて覚えてきた日本語と母国語の英語でサバイバルしたいというので、私は横から見ているだけでしたが。

 

空港、それも国際空港なので、英語は絶対に通じると思っていたところ、彼女たちが買うつもりのレールパスがなかなか購入できず、トラブっているのを目にしました。

 

空港だからと余裕だと思っていたところ、彼女たちのニューヨーク英語があまりにも早すぎて相手の方は聞き取れなかったのか、スローリープリーズを繰り返し言っていました。

 

ニューヨーカーがたちの英語、英会話は早口でとても有名ですが、あまりにも英語が相手の方に通じなくて、最後にはギブアップし、私が呼ばれました。

 

相手の方も、一生懸命丁寧な対応をしてくれていましたが、日本の玄関口で英会話の必要性を身にしみました。単語は、全部聞き取れていたようなので、うまく英会話ができなかったことを相手の方も悔やんでいました。