旅行で使う英会話は飛行機で覚えよう

英語を全然使わないという人も海外旅行をする際には英語を使うケースが多くなるでしょう。

例えばホテルに到着してチェックインする時には「予約した○○です」という風にフロントの人に

伝える必要があります。

また道を聞きたい場合も「〜はどこですか」といった質問を英語でしなければいけません。

しかしこういった場面で使う英会話の表現は限られていますし、だいたい10フレーズも使えれば

十分に意思疎通を行うことができます。

必要な英会話は中学レベルです。

中学の英語の教科書に載っているような英会話さえできれば、自由に世界中を旅することができます。

海外に渡航する際の飛行機の中で英会話の本にのっている英語を勉強するだけで現地で使えるのです。

ただ英語の発音があまりに悪すぎる場合、自分が話した英語を相手に理解してもらえない場合があります。

この場合、発音する際の口・舌の使い方に誤りがあるのです。

発音の仕方が間違っていても自分では気づかない恐れがあるので、発音はネイティブか

英語の先生について習ったほうが無難です。